花・ブーケ

結婚式の装花を節約しても華やかに見せる裏技のテクニックとは

結婚式に欠かせない装花。どんなイメージを持っていますか?

結婚式は好きなお花をこんな風に飾って華やかにしたい!多くの方がそんな夢を持っていらっしゃるかと思います。

結婚式の装花というと思い浮かべるのはゲストテーブル。招待したゲストの注目を浴びる大事なポイントです。

会場の雰囲気や新婚夫婦のイメージを左右する部分でもあるので、妥協したくないところ。

ただ装花って案外高額なんです・・・。こだわるあまり、あちこちに装花を追加していくとあっという間に予算オーバーなんてことに!

hayayome
私も初めて母にお花をプレゼントした時、軽い気持ちでお花屋さんに行って値札にびっくりしたことがあります。
そうですよね!でも大丈夫、装花は工夫次第で、予算を抑えて華やかに見せられる裏技がありますよ♩
マロン

装花を節約しちゃうと物寂しく見えない?安っぽくなるのは避けたい・・・。

そんな不安があるかと思いますが、今回ご紹介するテクニックを取り入れれば、節約しつつ、でもゲストからは華やかでステキ!とうっとりしてもらえる演出が実現できます♡

この記事ではこんなことがわかります。

  • 結婚式の装花をプロに任せる時の予算は?節約のコツはある?
  • 節約しても華やかに見せるテクニック1 お花の選び方
  • テクニック2 お花以外の小物を上手に使う
  • テクニック3 演出を工夫する

 

装花はプロに任せたい!みんなの予算はどれくらい?抑えるコツはある?

装花って、センスとか難しそうだからプロに任せたい!という方も多いかもしれません。専門の業者に依頼した場合、予算は以下のようになるようです。

  • 1位:5万円から10万円

  • 2位:10万円から15万円

  • 3位:5万円未満 

引用:みんなのウエディング

プロの業者に任せるなら、なるべく予算を抑えるコツがあります。

プロに任せるなら 予算を抑える3つのコツ

  • 予算を伝える

後になって、思ったより高い!といったことにならないように、予め予算を伝えておくことが大事です。それに合わせてプロが、最適なお花を調整してくれます。

  • 花の種類や色の指定はほどほどに

使いたいお花や色の指定はあまりしない方がいいです。美容院でも、この美容師さんがいい!と言うと指名料を取られますよね。

お花も、準備の難しい季節や色味というのがあるので、詳しく知らずにたくさん注文すると高価になってしまいます。

  • イメージを伝える

プロに全てお任せするのはやっぱり不安。せっかくなら新郎新婦のイメージに合った装花が良いですよね。

ナチュラル、元気な感じ、大人シックな感じ、などイメージがあれば事前に伝えておきましょう。その方が作る側も作りやすくなります♩

 

自分でアレンジ★ 節約しても華やかに見せる3つのテクニック

プロのコーディネーターに依頼するのもいいけど、せっかくなら自分たちの好きなようにアレンジしたい!でも一体、どのお花をどんなふうに飾れば、節約しながらオシャレに、華やかに見えるんだろう。

次はそんな疑問を解決するテクニックをたくさんご紹介します。順番にチェックしてみて、自分たちのイメージにはこれが良さそう!というのがあればぜひ取り入れてみてください。

テクニック1 賢くお花を選ぼう

引用:weddingnewsより

  • 季節の花を使う

野菜と同じで、旬なお花は、そうでないものより安いです(笑)季節のものでないだけで、数倍も変わってくることも。季節感があった方が、演出もしっくりきますよね。

引用:weddingnewsより

  • 年間を通して安価な花を使う

ガーベラやカスミソウのような、年間を通して比較的安価なお花を選ぶのもオススメです。

ガーベラはカラフルで華やいで見えますし、カスミソウは白くふわっと広がっていて、少ない本数でもボリューム感が出ます。

  • 存在感のある花を使う

バラやユリなど、花自体が大きく豪華だと、本数が少なくてもその場が一気に華やぎます。ただ、大きなお花は高価なことが多いので、造花と組み合わせたりして工夫してみてください。

テクニック2 お花以外のアイテムを上手に使おう

引用:weddingnewsより

  • グリーンをふんだんに使う

つたなどのグリーンはお花より安価なので、たっぷり使うことでボリューム感が出せる頼れる存在。

種類も豊富で、濃い色や薄い色、大きな葉や華奢な葉など、イメージに合わせて選べるので重宝しますよ。

引用:weddingnewsより

  • 小物をセンス良く使って高見え

お花以外のキャンドルやガラス細工、アンティーク小物などを使うことで、装花を節約できます。最近流行りのハーバリウムなども、高級感があるアイテムですね。

テーマに合った小物をセンス良く飾って、そちらをメインにしてお花は少し添えるだけ、というのもステキ。

テクニック3 演出を工夫して華やかに見せよう

引用:weddingnewsより

  • 鏡を使って大きく見せる

お花の下に鏡を置くと、空間が広がって見え、お花も実際よりたくさんあるように見えます。小物と組み合わせると簡単にオシャレに見えるので、センスに自信が無くても取り入れやすいです。

引用:weddingnewsより

  • 花びらを散らす

花びらを散らすことで、テーブルの空白スペースを埋める効果があり、ロマンチックな印象に。

引用:weddingnewsより

  • 一輪挿しで数を多く

一輪挿しでも、いろんな種類のものをたくさん並べると、花の本数は少なくてもにぎやかになります。あまりちぐはぐにならないように、テーマに合わせて統一感を出すのがポイント。

引用:weddingnewsより

  • 高低差を出してボリュームを

同じ高さの装花が並んでいるより、背の高いものを取り入れることでメリハリが出て、より華やかに見えます。

 

まとめ

今回ご紹介した、装花を節約しながら華やかにするテクニックをまとめます。

  • お花を賢く選ぶ

比較的安価な季節の花や、大きめの花を使う

  • お花以外のアイテムを上手に使う

グリーンや小物を使って装花を節約

  • 演出を工夫して華やかに見せる

鏡を使う、花びらを散らす、一輪挿しをたくさん配置する、高低差を出す

節約しつつ華やかな演出ができるヒントがたくさんありましたね。

装花を節約しても、工夫次第でこんな風にステキにアレンジできると思うと、ワクワクしてきますよね!

装花が華やかだと、会場の雰囲気も盛り上がりますし、友達受けもバッチリ。ゲストのカメラシャッターも止まらなくなることでしょう。

今回ご紹介したテクニックをぜひ取り入れて、予算内で好きなアレンジを楽しみながら、華やかな結婚式にしてくださいね♡

-花・ブーケ

© 2021 うちなーんちゅのための沖縄結婚式・ウエディング・挙式の神様 Powered by AFFINGER5