フォト

綿帽子と角隠しの違いとは?意味や似合う顔について知りたい

日本の伝統的な衣装を身につけ、厳かな雰囲気で執り行われる挙式。これぞ日本の花嫁、という姿に憧れを持つ方は多いと思います。私はずっと華やかなドレスに憧れていたのですが、和装をした先輩花嫁の美しさに魅了され、和装も素敵だなと改めて感じています!

しかしいざ、和装について調べてみても、難しい漢字や聞き慣れない言葉ばかり。それぞれに意味があるとは知っていても、皆さんに詳しく説明できる自信もあまり・・・。

そこで今回は、「綿帽子」と「角隠し」の意味と、それぞれが持つイメージの違いについて、皆さんと一緒に学びながらお話をしたいと思います。

この記事はこんな方にオススメ!

  • 和装をすることは決めていたけど・・・。角隠しと綿帽子、どちらがいいか迷っている
  • 可愛がってくれた両親や祖父母のために。せっかくだから意味をきちんと理解して決めたい
  • 挙式なしでフォトウェディング。思いを込めた写真を残したい!

イメージがはっきりすれば自分に合う選択がしやすくなると思います。また込められた意味を知ることで、さらにその魅力に気付かされる点もあると思いますので、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

「綿帽子」と「角隠し」・・・違いやそれぞれに込められた意味は?

綿帽子と角隠しの違い、と言われて、「見た目かな?」と思われた方・・・私も最初はそう思いました。

しかし、大切なのは「それぞれが持つ意味」です。意味を知れば知るほど、その奥ゆかしさに魅了されていき、憧れがまたひとつ増えてしましました(笑)

綿帽子の意味や合わせるヘアスタイルは?

まずは綿帽子をみていきます!「わたぼうし」と聞いて、たんぽぽの綿毛を想像してしまうのは、私だけでしょうか・・・?そんなイメージがあるせいか、私はふんわり柔らかな印象を持っていました。

まず、綿帽子をつける意味とは「挙式が終わるまでの間、新郎以外の人々に顔を見られないようにする」というもの。洋装でのベールのような役割があります。

額あたりまでをすっぽり覆う程の大きさの布で、その歴史は江戸時代まで遡るようです。東北地方の花嫁が雪よけのために被ったのが始まりと言われています。

②次に、綿帽子のヘアスタイルは「かつら(文金高島田)」「新日本髪」「洋髪」の3つから選べます。新日本髪とは、地毛を日本髪風に結ったヘアスタイルです。綿帽子で頭がすっぽり隠れる分、ヘアスタイルの自由度は高いようです。

③最後に、綿帽子の決まりごとをチェックしましょう。

綿帽子の決まりごと

  • 白無垢を着用した場合のみ用いることができる
  • 地域によっては季節が限られることがある

綿帽子を着けることができるのは、白無垢のみです。例えば色打掛けに綿帽子、という組み合わせはできませんのでご注意ください。

また、始まりが雪よけだったとお話をしましたよね。そのためそれを知っている方からみると、夏場の綿帽子は少し違和感を持たれてしまう可能性があるようです。少し大げさかもしれませんが、冬にビーチサンダルが似合わないのと同じかな?と思いました。

角隠しにも奥ゆかしい意味がある!合わせるヘアスタイルは?

角隠し、この言葉だけで少し身が引き締まる気がします。私は「凜とした花嫁」のイメージを持っていました。

①まず、角隠しの持つ意味ですが「角を隠して夫に仕え、しとやかで従順な妻となる」というもの。歴史ある日本の文化をひしひしと感じます。「角」は女性の嫉妬や怒りを象徴しており、江戸時代の能楽が由来となっているようです。

その他にも、顔の隅(生え際)を隠すために被っていた「すみ隠し」が「角(すみ)」と関連づけられて「角(つの)隠し」となった、という説も。やはりとても奥が深いですね。

②次に、角隠しのヘアスタイルは文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と呼ばれるもののみ。高い位置で髷(まげ)を結った花嫁だけができるヘアスタイルで、その上に頭を覆うように幅広の布を巻きます。

③最後に、角隠しの決まりごとです。押えておきたいポイントは2つ!

角隠しの決まりごと

  • ヘアスタイルは文金高島田のみ
  • 合わせる着物は自由度が高い

綿帽子とは違い、洋髪には合わせられません。かつらを用いるか、地毛で文金高島田を結う場合に合わせることができます。

また角隠しは白無垢、色打掛け、引き振袖のずれに対しても用いることができます一目惚れした色打掛けを挙式やフォトウエディングで着たい!という方でも角隠しであれば合わせることができますよ。

どちらも魅力的!チェックポイントのおさらい

やはり意味を知れば知るほど、思い入れは強くなっていきますよね。

押えておきたいポイントはココ!

綿帽子:白無垢のみで合わせることができる。ヘアスタイルは自由度が高い

角隠し:色打掛けや引き振袖にも合わせることができる。ヘアスタイルは文金高島田のみ

ちなみに綿帽子と角隠しは披露宴でかぶることはできません。理由はお披露目をする場で「隠す」意味があるものを身につけるのはおかしいから。確かに洋装でも披露宴ではベールを着けませんよね。

説明が長くなってしまいましたが、この2点がここまでのポイントです。せっかくここまでお付き合いいただいたので、もう少しだけお時間をください。

 

似合う顔ってどんなイメージ?印象の違いはある?

ここでいよいよ自分とのコーディネートの話!

綿帽子と角隠し、私にはどっちが似合うんだろう?と考えてみても、イメージするのは難しいですよね。ここでは一般的に言われている似合うイメージをお伝えします。

綿帽子は可愛らしい雰囲気の花嫁に

丸顔の方年齢より若く見られがち、という方に似合うと言われている綿帽子。丸みをおびた形から柔らかな雰囲気が感じられますよね。

顔を見られないようにする、という役割があったことから角隠しと比較すると顔は隠れてしまいがちに。それが厳かな印象を与える魅力のひとつでもあります。

それを逆手にとって、あまりフェイスラインに自信がない晴れの日だけど注目されるのは少し恥ずかしい・・・という方でもトライしやすいのかもしれません。

また頭の上にボリュームが出るため、新郎との身長差が気になる、という花嫁にもおすすめですよ!

綿帽子はこんな人にオススメ!

  • 丸顔の方・年齢より若く見られがちな方に特にオススメ
  • 丸いフォルムで可愛らしい印象の花嫁を演出したい
  • なかなか自分に自信が持てない。少しでもフェイスラインをカバーしたい
  • 身長差で凸凹に見える・・・!?新郎との身長差を少しでも縮めたい

角隠しはスタイリッシュな雰囲気の花嫁に

引用:ゼクシィ公式サイト

角(かど)があるデザインから、シャープな印象になりがちな角隠し。目鼻立ちがはっきりしている方面長な方に似合うと言われています。

後ろからうなじが見えるため、女性らしさを引き立たせることもできますね。綿帽子に比べ、顔がはっきり見えるため目元や口元から凜とした印象を与えやすいです。

込められている意味の通り、「したたかに生きる妻に生まれ変わる」という強い意志を、見る人にも感じてもらうために角隠しを選ぶのも素敵だなと思います。

花嫁だけができるヘアスタイル「文金高島田」を結ったのであれば、それを映えさせるにはやはり角隠しがぴったりです。

角隠しはこんな人にオススメ!

  • 目鼻立ちがしっかりしている方、面長な方に特にオススメ
  • 女性らしさも重要!シャープで凜とした花嫁に
  • 言葉にしにくい思いをこめて!花嫁として強い決意を示したい
  • 文金高島田を映えさせたい!花嫁だけのヘアスタイルを見てもらいたい 

似合うのはどっち?見た目だけでなく、思いも重視しよう!

hayayome
うーん。自分を客観的に見るのって難しいし・・・結局どちらも魅力的だし憧れるなあ。
はい、同感です・・・。でも大丈夫!花嫁衣装を体験できるフェアもあるようです!
マロン

洋装の試着ができるフェアと比べると聞きなじみがないですが、お住まいの近くで「花嫁衣装の体験会」がないか、探してみることを強くおすすめします!併せて相談会が開かれている場合もありますので、行ってみて損はないように感じました。

それぞれに魅力がたくさんあって、試着をしても迷っている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方には是非、先ほどご紹介しためられた意味を再確認していただきたいです。

「今までは甘えてばかりだったけれど、夫を支える良き妻になりたい!」「結婚までの道のりは喧嘩ばかりだったけど、これからは癒やしを感じてもらえる奥さんになりたい・・・」など、花嫁が胸に秘めた思いは様々です。

なりたい」という気持ちを綿帽子や角隠しに込める、なんて憧れてしまいます。

言葉にすることは難しいかもしれませんが、晴れの日の決意を思い出とともに心に留めておくのもとても素敵だと思います。

 

まとめ

ここまでのお話のまとめです。

綿帽子、角隠し・・・どっちも魅力的!

  • 綿帽子と角隠し。歴史は古く、先人たちの思いや様々な意味が込められている!
  • ヘアスタイルや着物の種類に決まり事も。できる、できないをしっかり把握しよう!
  • 「似合う」に絶対の定義はない。試着をして、自分の思いも再確認しよう!

和装の花嫁って、誰もがハッと息をのむ厳かな美しさがありますよね。神社などでお見かけした時は、時が止まったかと思うほどに見入ってしまうことも。

強い決意や思いをこめた綿帽子や角隠しを身につけ、素敵な晴れの日が迎えられますように!

-フォト

© 2021 うちなーんちゅのための沖縄結婚式・ウエディング・挙式の神様 Powered by AFFINGER5